化石には、古生物が生きていた時の生態や生活環境を特定することができる「示相化石」と、
古生物の変遷や化石を含む地層ができた年代を特定する事が出来る「示準化石」があります。
示相化石では樹木、昆虫、亀や貝類、魚類など、気候、水温、海水・淡水など特徴的な環境で生息した数多くの化石があります。
示準化石では長い年代にかけて生息し、特徴的な形態に変化したアンモナイト、三葉虫、フズリナ(紡錘虫)があります。