珪酸塩鉱物とは 二酸化珪素 SiO4を主成分とする鉱物で、
二酸化珪素は1つの珪素原子を4つの酸素原子が囲んでいます。
地球を構成する元素は酸素が46.6%、珪素27.7%であり酸素と珪素は他の元素よりも多く存在しています。
珪酸塩鉱物は地球を構成する鉱物の中で最も多い鉱物です。
また、堆積岩、火成岩、変成岩などの岩石を構成する造岩鉱物も、珪酸塩鉱物が占めており、鉱物全体で珪酸塩鉱物が占める割合は約半分です。
柘榴石類、トパーズ、ベスブ石、電気石類、雲母類、沸石類などがあります。